2006年01月17日

祈りをささげて。

「殺人は悪い事じゃない、アリだ」と言ってた若い女の子(女という所にかなりショックを受けてます)にちょっと考えてもらいたい。

11年前の今日は阪神淡路大震災で6400人以上の方が亡くなった悲しい日です。

自然災害って不可抗力で理不尽だと思いませんか?

自然災害での"死"って理不尽だと思いませんか?

人間の致死率は100%なんです。
どんな形であれ必ず死ぬことには変わりない。
何時かも分からない。

"死"そのものって理不尽だと思いませんか?



"死"という理不尽を人間が行うこと(=殺人)っておかしくないですか?







ワタシは会ったこともない人の為に祈りたいと思います。
ワタシはそれしかやってあげれないんです。小さいもんです……………。
posted by はまぞ。 at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 海の底から。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人の命の尊さを語るときに肉親やその人を愛する人の心の痛みを引き合いに出すことが多いんですが、「家族や他人や自分を愛していない人」もしくは「愛されていない人」にその事をどう伝えていいのか自信がないです。
子育てしていると、そういう子たちが増えているのが実感できます。怖いです。
私ら普通の人にはあまりにも「当たり前のこと過ぎて」言葉が見つからないですね。
Posted by りさふぇるなんです at 2006年01月19日 00:07
りさねぇさま。
学校で生命に関する基礎知識は教わってるはずなんだけどなぁ。うーん。知識がそこから先に行かないんですねぇ(ため息)

この次のエントリで書こうと準備中なんですが「家族や他人や自分を愛していない人」でも絶対に裏切れない、切っても切れないもんってのを人間は持っていてそれを再認識すること(させること)が良いのではないか、って…………。「当たり前で言葉もでない」事を改めて教えなくちゃいかん(分からなくちゃいかん)のも悲しい話なんですが………。
Posted by はまぞ。@仕事中。 at 2006年01月19日 09:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。