2005年12月02日

ワタシタチどうなれば良いのヨ。

今回は珍しく時事モノの耐震偽造事件の件です。時事モノって考えてるうちに次の事実が出て結局考えがまとまらないんですね。自分の脳内時間の動きがどうも遅いみたいで。リアルタイムで建設的意見が書ける人は羨ましいな、と。

って今回も取り上げるのは遅すぎなんですけどね(ニガワライ

事件の経緯は報道機関で各自お願いしますね。
この事件に関してはココの中の人が関係業界の人ってこともあって経緯はもちろんいろんなブログも回って意見を仕入れてるんです。
そのなかの誰かのご自宅のコメント欄にて"買った人の責任はないのか?"って書き込みがありました。引っかったもんで週末に考えてました。

結論は先に言っちゃうと"買った人の責任なぞない!"なんです。

いやそら。
相場より異常に安い価格設定だったのに気づかない方が悪いって異見もあると思うんです。怪しい会社からモノ買うなとかね。分からんでもない異見なんですがそらちょっと違うでしょ、と。

マンションね。戸建でも。
土地習得から始まって建築申請に仕様決定に実際の建築にとどうやって作ってるかって分かります?

その手関連企業算数屋のココの中の人も全部は分かってない(笑)
笑い事じゃないんですが(勉強しますよ;)一端に関わる人でも全部は分からないですよって事を理解頂きたい。

況や一般ユーザー(この場合は買主様含む)においてや。


後ね。
マンションでも戸建でも収益モノでもテラスハウスでも"この建て方なら大丈夫!"なんてものはありません。工法によって一長一短ってのはコチラでどうぞ。戸建の工法ですけど。

要するに一般ユーザーで完璧に分かる人も居なければ完璧な工法も無いんですよ。
所詮不完全な人間のやることだ。そんなもんですよ。

分からないからこそ一般ユーザーはその道のプロの扉叩くんじゃないんですか?
何のためにプロ居ますの?
プロを信じた結果が今回の場合は「マンションを購入する」でしょ。プロに助けてもらった対価はきちっと出してる。非常に悲しいことにそのプロに裏切られたのが今回の事件のわけで。

だから"買った人間の責任"なんてありえないですよ。
モノ買うなら一事が万事プロ級の知識仕入れないとダメですか?
一般ユーザーはセミプロ化しないといけないですかね?
セミプロ化しないといけないっていうならそんな世の中のどこに信頼が発生しますか?(プロから見てセミプロってウザい存在じゃないですかねぇ?)


プロと一般ユーザーって完璧に線引きしなきゃいかんってことはないと思ってます。でも実際問題個人で出来ることって限度があって誰かに頼らないといけないことの方が多いんですよ。その辺なんとか上手いことバランス取って生きてるのが実情ですよねぇ。今回そのバランスは足元から崩れたわけなんですが。だから"自分の身は自分で守るしかない"という意見がハバ利かせるのも分かるんですがいきなり極論付けるのはイケマセンよ、と。



正直。
マンション(居住地)は人間の一番大きい買い物ですからプロ級とはいかなくてもある程度の知識持って買えとは思います。
それでも"ダメマンション買ったのは買った人間の不勉強だ"って傍からバカにすることなんてできないですよ。それ言っちゃったらかなり性根悪いでしょう。そんなこと言うヤツは性悪だ、といいたいのが今日の本来の目的です。












もう一個。


実際のところどこかで"なんかおかしいかも"って気づいた人も居たとは思うんですよ。
図面無視して鉄骨抜いちゃう現場もあるってのはこの際置いておこう;
買った人ももしかしたら"この大きさでこの価格はおかしいかも"と思ったかもしれない。

………………多分ワタシだったら気付かずに「わーい、大きい現場だー」と喜んだでしょう……(すいません勉強します)

でも建てちゃったし買っちゃったし。
なんででしょう?
怪しさ含んでるのにやっちゃうような小さい規模のモノではないですよね。人生で一番大きい買い物ですからテキトーでは買わないですよね。


それってね。
結局「建てても良いよ」「買っても大丈夫よ」って確認検査機関の"お墨付き"あったからですよね。
それがないとシブチン銀行が最初に融資しませんしね。


"お墨付き"って効果大ですよ。人間の心理ってそんなもんです。
今回の件って人間の暗いところばっかりだ………………。こういうことがあると一体どーすりゃええのよーと俯いてばかりになります。
posted by はまぞ。 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々タリく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。